本文開始です。

図書館の概要

社会福祉法人 ぶどうの木・ロゴス点字図書館は"考える図書館"をテーマに、宗教書や哲学書を中心にした蔵書を揃えています。全国の視覚障害者を対象に、点字図書や録音図書の製作貸し出し、点字出版、視覚障害者の生活相談など各種の事業を行っています。視覚障害の方ならどなたでもご利用できます。

略年譜はこちらをクリック

名前の由来

「ぶどうの木」とは……
夕日に照らされ、棚から重く垂れ下がっている「ぶどうの木」の下で、人々は心の豊かさとやすらぎを楽しみます。これは旧約聖書に出てくる一つの風景です。私たちは、視覚障害の方々にこうした心の豊かさと平和を提供することを強く望み、法人名をこの「ぶどうの木」の名前にしました。ぶどうの房が共同体とすれば、ロゴスはコミュニケーションの発信手段として意味を持ちます。

「ロゴス」とは……
「ロゴス」はギリシア語で「言葉」や「原理」などを意味し、聖書では「神」を暗示しています。人間にとって言葉は、会話に必要なだけでなく「考える」ためにも不可欠で、一般に図書館はその必要を満たすためにあるといえます。   

上に戻る

考える図書館

当館が殊更"考える図書館"と規定した理由は、障害者はみずからの与えられた境遇を毎日いやおうなく意識させられていて、私たちの「見えない苦しみ」を克服するには、どうしても「考えなければならない」からです。「考える葦」という言葉が人間の尊厳を意味するとすれば、まさしく「葦」のように弱い障害者だからこそ「考える葦」にならなければならないのです。

そのために当館は、点字やテープ、CDなどの形で視覚障害利用者が「考える」ためのよすがとなることを願い、図書の貸し出しをはじめ各種のサービスを提供しています。

上に戻る